開始直後から、

スポーツ、教育、医療等の第一線で活躍中のコーチ陣による

生き生きとしたトークが展開された


『スポーツ コーチング フェスタ 2018』は


プロ野球の世界でトップ中のトップの北別府学さんと

現役投手の永川勝浩さんを迎えての一般講演に入りました。。。


競技人口が多く、プロになれるのはほんの一握りの天才といわれる


日本プロ野球の世界で長年にわたって結果を出しつづけたお二人

会場に入ってこられると、場の空気が変わり室温も上がったように思います。


現役の永川投手はもちろん、

北別府さんも張りのあるプロ競技者としての身体をされているのが

スーツの上からもうかがえます。

しかし、それ以上に常人のそれとは違うのはお二人の”目力”で、

一球一球に選手生命をかけた勝負を何度も制し、

大きな結果を出してこられた意思の強さが、

非言語情報の出入り口である目を通じてオーラとなり

参加者の皆様を惹きつけるようでした。。。

お二人の話を中心に、

ファシリテーターである青山龍マスターコーチが

コーチング理論を解説しながら掘り下げいきます。

マスコミ向けには発表できないようなお話しも混ざります。

野球に詳しくない人にもわかりやすい用語を選び、

マウンドで見せる表情とは違う常に柔らかな笑顔で

真摯な受け答えをされるお二人の考え方は常に未来志向です。

超一流のプロ選手 x 山龍マスターコーチの科学反応トークは白熱し、

コーチングの厳しいプロスポーツの世界で、

大きな壁を超えて現状の外側へ進む(進んだ)時は、

高いエフィカシーにより作られたコンフォートゾーンが伴う体験

超一流のプロご本人の口から次々を語られます。

言い換えれば、

オフシーズン中であっても

自身で設定した未来のゴールに向けた

心身のコンディションに毎日向き合い働きかける

無意識レベルでのマインドの準備がしっかりとあるから、

シーズン中に本番での緊張感や、不安感、

恐怖感をコントロールすることが出来、

その結果として(野球等の場合は)身体動作を通して

高いパフォーマンスを出せるということです。。。


今回のフェスタで

コーチングは成功者の経験談を切り出し集めたものではなく、

科学と理論に基づいた

『だれもが自分の中に眠っている能力を

ここ一番の勝負でしっかりと引き出す最良の方法』であること。

そして、一部の人の為の、限られた時間の中だけにあるものでなく、

例えばビジネスにおける新しいアイデア構築、

健康管理、普段の子育て・教育といった

あらゆる分野において充実した日々を送るために身近に

存在することが参加者の皆様に実感していただけ

より多くの人にコーチングを身近に触れていただく

きっかけになったと思います。






***************************

本フェスタにおける収益金は全額、寄付する社会貢献イベントです。
ご参加・ご賛同くださいました皆様、どうもありがとうございました。



昨日は、都内で開催された『スポーツ コーチング フェスタ 2018』に参加しました。


▼12月15日スポーツコーチングフェスタの詳細へのリンク▼
http://sports-festa.com


「教育&スポーツコーチング 特別講演」では、

プロスポーツをはじめ、

教育や医療の現場の第一線で活躍中の

現役のコーチ陣によるパネルトークが、

青山龍マスターコーチのファシリテーションにより実施されました。


パネルトークでは、

課題に対してのコーチングのアプローチと、

それによる仲間の反応や結果が語られ、

一般的には困難と思われているそれぞれの現場において、

脳科学に基づいた正しいマインドの使い方が、

著しい成果につながっていることが、

コーチ自身の現在進行形の体験を通して伝えられました。


フェスタには、全国各地からさまざまな年代、

性別の方が参加され、

コーチングに対するそれぞれの興味や期待を持たれていたとと思いますが、

コーチングの対象や分野は異なっても、

 ・心からやりたいことをやる
 ・高いエフィカシー
 ・現状の外へのゴール設定

といった、プリンシプルに基づくマインドの使い方の共通点が、

それぞれの現場において変革に必要な協力者を引きつけ、

環境を変えていることに、

参加者の皆さんは熱心に聞き入り

メモを取っている方が多かったように思います。。。


パネルトーク内で、

自分自身の印象に残ったことの一つに、

『教育や家庭の場でコーチ的な立場となる学校の先生や親自身の実践している姿が、

生徒や子供たちに非言語で伝わり、

現状が変わり始めること=”背中で語る”』 が挙げられますが、

この”背中で語る”雰囲気とは、

決して相手に対する威圧感では全くなく、

やりたいことに向かって自らが目を輝かせて進んでいる姿、

そして相手(生徒や子供さん、チームメイトや職場の仲間など)の可能性を心から信じ、

応援する"WAN TO"な姿勢から自然に発せられる

温かい雰囲気に包まれたメッセージあることは言うまでもありません。。。



 開始直後から、

内容の濃い生き生きとしたトークが展開された

『スポーツ コーチング フェスタ 2018』は

この後、北別府学さんと 永川勝浩さんを迎えてのセッションに入ります。。

昨日一昨日の2日間、

都内で青山龍マスターコーチによる

特別なコーチングセミナーを受けてきました。

ここ数か月間、来年からの本格的な活動に向けて

準備してきたこともあり、

自分の中のエネルギーがどんどん膨らむのを感じていましたが、

セミナーでそれらのエネルギーがさらに拡大し、

一気に異次元側に飛ばされた感じです。


セミナーの内容そのものをお伝えすることはできませんが、

超実践セミナーということで、

青山マスターコーチからの大量の言語・非言語のメッセージを

参加者自身でそれぞれの重要度のゲシュタルトに統合しながら吸収していく

濃厚なワークショップです。

私の感覚で、

”超実践”の一部を表現するなら

情報空間で抽象度の階段を上がったり下がったりしているうちに

自分が必要としている知識や体感にどんどん出会っていくという感じで、

新しい体感、新しい知識に出会い、自分の中に落とし込む毎に

なんとも心地よい感覚に包まれるとともに

エフィカシーがグイっと上昇していきます。

これだけ濃厚な内容でありながら

セミナーの場は緊張感が張り詰める雰囲気ではなく

笑いも各所で起こり、終始心地よいリラックスとした雰囲気でした。。。


その瞬間は一見関係ないように感じる”笑い”さえも、

重要な情報の断片であり、別の知識や体感に

どんどん統合されていくのは

苫米地式の習得の特徴と言えると思います。。。




セミナーと受けてから一晩たちしましたが

参加者の皆さんとともに受け取ったエネルギーはさらにあふれ

高いエフィカシーを維持して

コーチングを広げたいと思うすがずがしい気持ちでいっぱいです。


image2



<お知らせ>
”12月15日、スポーツコーチイベント開催”

青山龍マスターコーチ主催によるチャリティーイベントの開催がきまりした。

213勝の記録を持つ、レジェンド投手の北別府学氏と、    


現役投手の永川勝浩氏を特別ゲストに迎えてのトークショーです。


レジェンと現役の一流スポーツ選手の口から直接

『高いパフォーマンスを発揮し続けるためのマインドの使い方』

を聞くチャンスです。

青山マスターコーチのblogにご案内がありますので、下記リンクよりチェックしてみてください。

http://blog.livedoor.jp/r_aoyama/archives/2018-12.html


↑このページのトップヘ