世界平和とコーチングのイベント、WorldPeaceCoaching1014()広島、1015()東京で開催されます。 2日間とも、苫米地博士の特別講演と、機能音源ライブが予定されています。
 
 ”WorldPeaceCoaching”という言葉に初めて触れる方には、「コーチングと世界平和がどう関係があるのだろう?」、「よくある戦争への反対集会?」のような印象を持たれる方も多いかもしれません。 実は私がそうでした。

 なぜ一歩を踏み出したか。
 
 私はコーチになる前から、自分のマインドに何を肯定し、何を否定する基準となる、ブリーフシステムがどのようにインストールされているのかを徹底的に知りたいと思っていました。

 無意識の癖や習慣に相当する判断も含め、肯定するもの、否定するものの両方に対して、なぜ自分の”心と脳”ががそう判断するか、そこにはどういう情動記憶が関わり、論理的な判断をしたと思っているものに関しては根拠(とデータ)が結びついているのかを徹底的に観たいという気持ちです。

 そうして自分の思考を時間をかけて整理していると、世界平和という概念に対してふと浮かびあがってきた感覚がありました。 その感覚を言語化すると、今まで自分が平和という言葉をそれほど認識に上げていなかったのは、

・「世界平和に対し、無関心を装うことで、責任を果たさない傍観者であるように見られるのを避けよう」

・「自分の意見を持ち、なんらかの行動をしても、もっとたくさん知識を持ち、貢献している人と比較されるのではないか」

・「きれいごとの考えを持っている人だといわれたくない」

 であったように思います。

 しかし、上記のどれもが他人の目を意識し、萎縮している自分の姿の写像だと気づきました。 その中に自分の"WAN TO"がないのです。

 認定コーチを目指しコーチングを本格的に学ぶようになり、「他人の評価、社会の価値観に関係なく、自分がしたいことをする。 次の世代に少しでも住みやすい世界をバトンタッチする。 できるだけ多くの人の幸せに貢献したい。 それらの中心には自分の幸せがあってよい」と考えるようになりました。 

 そして、そう考えた瞬間に以前の私は情報空間でぶっ飛ばされいなくなりました(笑)

 そこで、まずはGoalの世界の感覚を、自分の目で見て、聞いて、体感したいと思い、昨年WorldPeaceCoachingに初めて参加しました。

 他人や社会に与えられた価値観でない自分の”Goal”を見つける。 すごくシンプルで、大切。 しかし、ほとんどの人にとってはとても難しいことのはずです。 

 しかし、難しいが大切で価値があることに、これからチャレンジしたいと少しでも思ったなら、きっかけを提供できるのが、WorldPeaceCoachingであると思っています。


 ▼ワールドピースコーチング詳細はこちら▼
苫米地博士と青山マスターコーチの対談動画がおススメです。 
http://worldpeacecoaching.com/
WPC2017


 昨日は都内のホールでコーチングフェスタに参加してきました。

 12時から21時まで、9時間ぶっ通しのイベントは最後まで大盛況! 会場に集まった皆様の高いエフィカシーで熱気に包まれていました。
コーチングフェスタ2017集合写真
 
 私の出演は「パネルトーク」。 青山マスターコーチの進行で、山本明菜コーチ、ゆめみんコーチと共にステージ上での質疑応答が進みました。

 トークの中心は「エフィカシー」。 詳細の打ち合わせはせず、何のトピックをどう話をするかはステージに上がって、青山マスターコーチからお話を振られてから考えるのが苫米地流トークです。

 私は「エフィカシーが上がったなと思ったタイミングの記憶を大切にてしてください」という内容を自分の経験を踏まえ短くお話させていただきました。 

 山本コーチとゆめみんコーチも、それぞれが独自の感性でトークをされていましたが、女性お二人が溌溂とお話をされているのを聞きながら、「コーチングをマスターした女性がどんどん増えると、日本のこれまでの社会常識を根本から変えるポジティブなパワーがある」と再確認しました。

 他の登壇コーチもそれぞれのトピックにつきお話をされましたが、プレゼンのスタイル、進行もまさに10人10色。 

 これまでに経験されているお仕事や趣味、人生におけるさまざまな経験が、すべて良い形のゲシュタルトを形成し、コーチとして、人としての魅力に現れているようでした。

 最後のプログラムは青山マスターコーチからの実践的なワークの締めくくり、そしてコーチング活動を通じて目指す世界平和についての熱い思いが伝えられました。

 今回のフェスタへの出演を通じて、他の出演コーチの皆様からコーチとしてのスキルを学び課題を発見させていただくとともに、私自身が、コーチ、そして会場へ参加された皆様から自分のゴールを大きく更新するエネルギーをいただきました。

 主催してくださった青山マスターコーチをはじめ、フェスタに参加し盛り上げてくださった皆様、運営をサポートくださいましたコーチの皆様
には感謝の気持ちでいっぱいです。


 フェスタで融合拡大したこのエネルギーを、コーチングを必要とされる方々に精いっぱいの”Want To”でお届けしていきたいと思います。 

 
今回は参加できなかった方とも、10月に広島と東京で開催されますWorld Peace Coaching等の機会でお会いできることを楽しみにしています。

”Stay hungry, stay foolish” (ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュ)
 2005年米スタンフォード大学の卒業式で行ったアップル創業者スティーブ・ジョブス氏の、「伝説のスピーチ」の中で、締めくくりに発せられた言葉です。
 
 様々なメディアでも紹介され、YouTubeにも公開されている動画なので、一度は聞かれたことがある方も多いと思います。
 
 私も何回か視聴した記憶がありますが、コーチングを真剣に学ぶようになって、あらためてこのスピーチを聞いてみますと特に「うんっ!?」と印象に残る箇所があります。 

 
3つ目のトピックでジョブス氏が自らの”死”について語る以下の部分です(日経新聞HPから。YouTubeでは9:10頃~)。
https://www.youtube.com/watch?v=RWsFs6yTiGQ

原文)
...for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.
 
(訳)。・・・その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。「「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。
 
 スピーチの巧言にではなく、コーチングの観点から、少なくともビジネスにおいて成功者であるジョブス氏どのような、マインドであるか(本心で語っていたというのが前提ですが)に興味を持って聞いていました。
 
 そのような興味のスクリーニングで、上記の箇所を聞きますと、このセクションを貫くテーマとスピーチの言葉通り 「ゴールの設定をとても大切にしている」と共に、「後悔のない”選択”」の大切さが含まれいるように思えます。
 
 私たちは皆、日々何らかの選択を繰り返して生きています。 現在の自分が置かれている状況が望ましく無いと思う時に、「あの時こうしておけば、今はこんなことになってはいなかった」と自分を責め、後悔する人は多いような気がします。
 
 しかし、この後悔には正当な根拠がありません。
 
 なぜなら、私たちは常に不完全な情報の中から決定しなくてはいけません。なので、絶対に正しい選択は不可能です。

 そして、過去において、「こうしておけばよかった!」と気づくのは”現在”の自分が意識する評価です。 過去にはその選択肢はなく、だからこそそれを選べなかったわけです。
 
 ということは、「すべての現在は過去にベストの選択を繰り返してできたベストの結果である」ということです。
 
 とすると、後悔が生まれる(後悔の根拠として正当である)のは、「その選択がベストだったか」というよりは、「主体的な意思で選んだ選択であったか」ということになります。 
 
 エフィカシーが低く、「
なんとなく他人に進められた、常識だから盲目的に従った、本心ではないけども人の目を気にして選んだ」から期待通りにならかかった事柄に対してやりきれない後悔がうまれるのではないでしょうか。
 
 そういう意味で先ほどの言葉を感じていると、「人生のゴールも、そこに至る決断も自分自身がするんだ。その積み重ねが後悔の無い人生になるんだ。(常にゴールの選択と更新に対して、"Stay Hungry "  常識や他人の目を気にした判断に人生を縛られるな "Stay Foolish ")」という、とてもハイエフィカシシーなマインドがよく現れているように聞こえます。
 
 もし、過去の行動に対する記憶に悩んでいる方がいたら、過去の出来事を少し楽観的に考えてみてください。

 現在の自分が過去の解釈を決めています。 そして、何よりも未来に対して自分の”WANTO”で選択をしていきましょう!

<お知らせ>
 コーチングフェスタで、たくさんの個性的なコーチから、自己責任のゴールに向けて人生を変えるエネルギーを感じていただければ幸いです。

▼9月3日緊急開催!コーチングフェスタ2017▼
http://aoyamacoach.com/coachingfes2017-0903/

↑このページのトップヘ