何かの事柄に関し、責任の所在を明らかにするという意味で、「自己責任」という言葉が使われます。


 コーチングでも「やりたいことだけをやりましょう。だだし自己責任ですよ」という表現がよく出てきます。


 この「自己責任」という言葉、なんとなく、相手を突き放すような、冷たい言葉に感じたことはありませんか?


 単語の意味は文脈全体との関係で決まりますので、その言葉の運用者がどういう意図で使うかによります。


 しかし、コーチング(のマインド)において、「自己責任」を相手に対して言う場合は、「将来自分がゴールを達成できるか、どうかは自分で達成することですよ」ということだけなんですね。


 これは、「自分がやったことが自分に帰ってくるのだから”因果応報”」や、「あなたが選んだことなんだから私は知りません」と言う意味ではありません。


 それどころか、例えばこれが親と子の関係だったら、「やりたいことをやったらいい。全力で手伝うし、個々のことは私が面倒をみてあげる。 でも、あなたより私のほうが先に死ぬと思うからずっとサポートはできないってことはちゃんと理解しておいてね」という意味になります。


 コーチとクライアントの間であれば、「コーチング中は100%あなたの利益の為に、持てる能力を使ってゴール達成のお手伝いをします。コーチングの期間が終わっても、強力な縁起の一部として生涯働きかける覚悟でコーチをしていますよ。 でも最後自分がどうなるかは自己責任です」と言えると思っています。


 つまり、「あなたの人生のゴール達成は、あなたの世界の結び目の中心であり、主人公であるあなたが責任を取るけど、そのあなたの世界に影響を与えている私も一緒に入っています。 だから手伝います」というのが縁起の中での”温かい”「自己責任」という言葉なんですね。


 コーチングフェスタで、たくさんの個性的なコーチから、自己責任のゴールに向けて人生を変えるエネルギーを感じていただければ幸いです。

▼9月3日緊急開催!コーチングフェスタ2017▼
http://aoyamacoach.com/coachingfes2017-0903/

 マインドの形成は、自分が心の底から望み選ぶ未来のゴールにしっかりと焦点を定め、自分自身で行いましょう。


 あなたに対する、「そんなこと無理だ」とか「これぐらいのほうが現実的だよ」という他人の評価を気にする必要はありません。


 なぜなら、他人は決して”あなた”の未来のことを知って話しているわけではないからです。”あなた”について話す内容はすべて、過去の”あなた”に対する指摘であり、評価であり、イメージです。

 
 もちろん、 良識のある親身の意見を寄せてくれる他人に感謝すること自体は良いでしょう。しかし、他人の評価は、現状を把握する目安でしかないことを忘れ、それを鵜呑みにして、”自分”の未来への潜在能力を解き放つ足枷となるセルフイメージ(マインド)を形成していけません。

  
 自分自身で形成したマインドで、自分が心の底から望むゴールに向かっているからこそ、他人が敷いたレール上でない、”自分の人生を生きている”と実感できるのではないでしょうか⁈

▼9月3日緊急開催!コーチングフェスタ2017▼
http://aoyamacoach.com/coachingfes2017-0903/

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1054082944727111&id=370109226457823

昨日は、青山龍マスターコーチ主催の「”WorldPeaceCoaching”プレセミナー」に参加しました。

 

開始前は激しい雷雨でしたが、多くの人が参加され、会場は高いエフィカシーで熱気に溢れていました。 

守秘義務のため内容はお伝えできませんが、青山マスターコーチの最新のコーチング結果から、即実践のできる超一流マインドのエッセンスがたくさん伝えられました。

コンフォートゾーンのイメージが次々と更新され、セミナー会場を出た後も、自分のエフィカシーが加速しているのを感じています。

”WorldPeaceCoaching”は、コーチングを通じて、世界平和を本気で実現する活動です。

今年は10月14日広島15日東京で開催され、両会場で苫米地博士の特別講演もあります。

 ”戦争と差別の無い世界”という抽象度の高いゴールをコーチが中心となり、身近な人に届けていく場として、青山マスターコーチが発案・主催し、3年前から開催されています。
運営はコーチ達のボランティアです。


私は昨年から参加していますが、青山コーチ、苫米地博士の”抽象度”と本気のエフィカシーに触れ、身震いしたのを今でもはっきりと覚えています。


”縁起”は、限りなく広がっており、自分の家族や友人、地域の人々、普段の生活で出会う身近な相手に、慈悲の心で接することから、世界平和への希望は繋がる。


そして、より多くの人が高いエフィカシーで行動できるようになれば、自分と同じように、他人の価値とゴールも尊重し、支え合うことができる世界が実現することでしょう。


一流を超えたマインドの持ち主は、高い抽象度が行動基準になっています。圧倒的な高いエフィカシーを持ち、Wantoで、利他的に行動できるマインドです。

他人からの評価を気にせず、利他的なゴールを持ち、他人をサポートし続ける方の周りには成功者が集まります。


高い抽象度で利他的であるということは、結果として、自分を含む、多くの人の役に立つことになります。


昨年よりもさらに熱いエネルギーを蓄えて、”WorldPeaceCoaching”に参加します。



<ご案内>


2017年9月3日 「コーチングフェスタ2017年」


フェスタでは、青山龍マスターコーチと認定コーチが中心となって、 各方面で活躍中の認定コーチを紹介します。

セルフコーチングを学ばれている方は、コーチングへの理解を更に深め、これから
コーチングを受けたいと考えている方にとっては、 自分に合ったコーチを見つける場になるでしょう。

私もパネル講演に登壇し、皆様と コーチングフェスタを盛り上げていきます。よろしくお願いします!

▼9月3日緊急開催!コーチングフェスタ2017▼ 

http://aoyamacoach.com/coachingfes2017-0903/

↑このページのトップヘ