世界平和とコーチングのイベント、WorldPeaceCoaching1014()広島、1015()東京で開催されます。 2日間とも、苫米地博士の特別講演と、機能音源ライブが予定されています。
 
 ”WorldPeaceCoaching”という言葉に初めて触れる方には、「コーチングと世界平和がどう関係があるのだろう?」、「よくある戦争への反対集会?」のような印象を持たれる方も多いかもしれません。 実は私がそうでした。

 なぜ一歩を踏み出したか。
 
 私はコーチになる前から、自分のマインドに何を肯定し、何を否定する基準となる、ブリーフシステムがどのようにインストールされているのかを徹底的に知りたいと思っていました。

 無意識の癖や習慣に相当する判断も含め、肯定するもの、否定するものの両方に対して、なぜ自分の”心と脳”ががそう判断するか、そこにはどういう情動記憶が関わり、論理的な判断をしたと思っているものに関しては根拠(とデータ)が結びついているのかを徹底的に観たいという気持ちです。

 そうして自分の思考を時間をかけて整理していると、世界平和という概念に対してふと浮かびあがってきた感覚がありました。 その感覚を言語化すると、今まで自分が平和という言葉をそれほど認識に上げていなかったのは、

・「世界平和に対し、無関心を装うことで、責任を果たさない傍観者であるように見られるのを避けよう」

・「自分の意見を持ち、なんらかの行動をしても、もっとたくさん知識を持ち、貢献している人と比較されるのではないか」

・「きれいごとの考えを持っている人だといわれたくない」

 であったように思います。

 しかし、上記のどれもが他人の目を意識し、萎縮している自分の姿の写像だと気づきました。 その中に自分の"WAN TO"がないのです。

 認定コーチを目指しコーチングを本格的に学ぶようになり、「他人の評価、社会の価値観に関係なく、自分がしたいことをする。 次の世代に少しでも住みやすい世界をバトンタッチする。 できるだけ多くの人の幸せに貢献したい。 それらの中心には自分の幸せがあってよい」と考えるようになりました。 

 そして、そう考えた瞬間に以前の私は情報空間でぶっ飛ばされいなくなりました(笑)

 そこで、まずはGoalの世界の感覚を、自分の目で見て、聞いて、体感したいと思い、昨年WorldPeaceCoachingに初めて参加しました。

 他人や社会に与えられた価値観でない自分の”Goal”を見つける。 すごくシンプルで、大切。 しかし、ほとんどの人にとってはとても難しいことのはずです。 

 しかし、難しいが大切で価値があることに、これからチャレンジしたいと少しでも思ったなら、きっかけを提供できるのが、WorldPeaceCoachingであると思っています。


 ▼ワールドピースコーチング詳細はこちら▼
苫米地博士と青山マスターコーチの対談動画がおススメです。 
http://worldpeacecoaching.com/
WPC2017